会のプロフィール

始まりはドイツからの風

 

2011年3月11日の大災害のニュースを受けて、ドイツの『教育芸術友の会』がメンバーを募り、「災害にあった子どもたちのトラウマをケアする」ために同年4月末に来日しました、『教育芸術友の会』は中国の四川の大地震の際にもメンバーを派遣したという実績があるグループです。

教育者や医者、芸術療法士を含む10人は、仙台を起点として幼稚園、小学校、学童のクラス、障碍のある子どもたちのホームなどを訪問、2週間にわたり滞在し、強いショックで緊張をかかえた子供たち(ときには大人たち)の心やからだを解きほぐすため精力的に動きました。このとき、ドイツチームの活動を支えるために、日本でもボランティアグループが集められ10数人が行動を共にしていました。

  

 

教育・芸術・医療でつなぐ会」発足へ

ドイツチームの活動を傍らでサポートしながら、子どもたちの瞳にかがやきが灯る瞬間を目にして「こんなケアが有効なんだ」ということが日本のメンバーにも実感されました。さらに「こういういった支援を続けていきたい」という思いが日本人グループの中に芽生えてきました。がれきは片づけられつつありましたが、復興への道のりが長いものになることは明白でした。より一層のケアが必要とされる。それなら自分たちのできることで支援を続けよう。ドイツのグループが去ったあと、有志が集まりを持ちました。こうしてスタートしたのが「教育・芸術・医療でつなぐ会」です。

 

 

メンバーは「シュタイナーを学ぶ」という絆を持って

ドイツ『教育芸術友の会』もシュタイナーの精神科学、アントロポゾフィー(人智学)を基盤としていますが、日本のメンバーも、シュタイナー学校(幼稚園)教師、治療教育家、オイリュトミー療法士、芸術療法士、リズミカルマッサージ療法士、看護師、医師など、シュタイナーの教育学や芸術、医療を学んだことで結びつきを持っています。メンバーはそれぞれの現場でプロフェッショナルとして仕事をしています。

2015年3月現在およそ40数名が登録していますが、徐々にその活動も広がりを見せ、メンバーも増えつつあります。

 

 

これまで、そしてこれから

活動は平均すれば月に2回ほど数人のグループで被災地(いわき・仙台・石巻・気仙沼など)に出向き、マッサージや健康相談、オイリュトミーや水彩画などの芸術活動や療法をおこなっています。また、人形劇やクリスマス時にキャロル(歌)を届けるなどのような試みもありました。

 生命力・免疫力を高める、あるいは呼吸と睡眠のリズムを整える、豊かな情感を育てることなどによって、震災で受けた不安を軽減し、未来へ向かう力を培います。ケアを受けた方々の希望で、定期的に訪問する地域も増えてきました。

 ゆっくり手探りしながら、一歩ずつ。ちいさな光を、ゆるやかに大きなわに広げていきたいというのが「教育・芸術・医療でつなぐ会」の願いです。